犬のアトピー110番●イヌインターフェロン-γ

インターフェロンとは人や動物の細胞が作り出す物質で、ウイルスの増殖をおさえる作用や免疫系に働きかける作用があります。

とくに「イヌインターフェロン-γ」は、体の免疫システムを調整する働きが強いといわれています。この働きにより、バランスを失った免疫システムを根本から整え正常な働きに戻すのが犬インターフェロン療法です。

「イヌインターフェロン-γ」はインターフェロンの免疫システム調整効果によって、痒みの元となる“IgE”そのものを少なくすることができます。


 
  学術監修:長谷川篤彦先生(日本大学獣医臨床病理学教授)
|
|
|
|
|